企業研修の企画立案・講師派遣は、ワンツースリーゴーにお任せください
 
トップページ > 会社概要 > 経営者プロフィール

経営者プロフィール


竹下 洋響 
(有限会社ワンツースリーゴー 代表取締役社長)
 経営者ブログはこちら
「効率だけを追わない」「そのお客さんを真剣に愛せるか」「自らの仕事に最大の 喜びを感じるか」いつも自問し、日々その感動を味合う、本当に愉しい毎日で ある。

1960年10月4日 大阪府富田林 出生
1976年 ・大阪府富田林市立金剛中学校 卒業
サッカー部主将として、大阪府下のサッカー最強の中学校を築く。 勉強はそっちのけで、サッカーに明け暮れるサッカー小僧であった。 (元サッカー日本代表 キャプテン 宮本恒靖は同中学校のサッカー部主将としての後輩にあたる。悲しいかな、私は彼のことを熟知しているが、宮本くんは何十代先輩に当たる私のことは知らない。) 

・中央大学付属高校 入学 千葉南高校 卒業 を経る。
親の転勤と自らの転校の中で関西と関東の文化の違いに悩みながら、 関東人に関西人を融合させる独特のコミュニケーション能力の基本を修得
1984年 ・千葉大学 教育学部 卒業
サッカーに打ち込みつつ、小学校教員としての夢を抱く。
が、本来の子供の立場にたった教育が行えない「教師の世界における『束縛』」に限界を感じ、教師の世界をあきらめビジネス界を目指す。  
1984年〜1989年  明治製菓(株)営業マーケティング部門
お菓子大好き少年(今で言うなら『スウィート大好き』)もあって、偏った嗜好と思考で、『明治製菓は自分にピッタリだ』との理由で就職ではなく就社。

営業マーケティング畑を経験し、大手流通本部(スーパー各社)を中心に営業。自分でいうのもおこがましいが、当時としては斬新な「お客さんのサプラ イズを巻き起こす」ことを喜びとした売り方を展開し、営業所でトップの成績を 上げ続ける。

しかし、あまりにもサプライズが過ぎたために「前例がない」と本社に怒られつ つ独自の営業を展開。
「この会社は新たなことを挑戦するには小さすぎる」との思い上がった短絡思考 と若造の大きな勘違いと若気の至りで、「転職」がまだ一般的でなかったときに転職を決意。
1989年〜2003年 (学)産業能率大学 経営開発本部
もともと、人を育てることが大好きであったことから、「大学」という名称で転職を決める。 ここで、15年弱の間、人材育成の企画とその提案営業に従事。 人材育成の基本というものを教わり、提案しゼロから構築した研修を受講した 方々の大きな成長を果たす姿に無類の喜びを感じる。

しかし、効率だけを求めずにもっともっと真剣にじっくりと育成を考えたいと 独立を決心。 前々職は「若気の至り」の転職であったが、今回は「薄毛の至り」の独立とな る。(苦笑)  

(株)ネオテニー代表の伊藤穣一とベンチャー企業(株式会社ジェネレーションクリエイト)立ち上げ、マザーズ上場を目指す。
ネットで全国の教習所をつなぎ、顧客を獲得するというビジネスモデルを構築し 大きな支持を得る。

しかし、当時のネットバブルに舞い上がり、地に足着かない経営であったことから、組織内の分裂騒動に悩まされる。
改めて、『人の育成』『経営リーダーシップ』の理論ベースとは違う実践の難しさを身を持って感じる。 その後、ローソン系列に会社譲渡。
2000年5月

(有)ワンツースリーゴー立ち上げ現在に至る。
「効率だけを追わない」「そのお客さんを真剣に愛せるか」「自らの仕事に最大の 喜びを感じるか」いつも自問し、日々その感動を味合う、本当に愉しい毎日で ある。

★ 主な著書「世界標準の戦略マネジメントツール バランスト スコアカード実践ガイド」(2003年 日科技連出版) ペンネーム「黒澤耀貴」で出版 
2004年5月現在 4刷重版

★ プロスポーツ界を中心に技を極めた人間の一流の人生を語り継ぐ 特定非営利活動法人 超一流倶楽部 理事長




 


HOME会社概要プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright (C) 2008 1235, Inc. All rights reserved.